• トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

blog

twitter

第七藝術劇場

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階
淀川文化創造館
Theater Seven

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com

BOX2 スケジュール

ハマモトフィルムレトロスペクティブ

ハマモトフィルムレトロスペクティブ
 『素晴らしい距離』
 『調度良い体温と文字数』
 『光』
 『晴雄の帰省』

【2012年 10/6(土)~10/19(金)】

■連日、舞台挨拶あり!

■関連監督作品の特別上映決定
  くわしくはこちら→

■「濱本敏治監督作品 出演者オーディション」開催!
  くわしくはこちら→

ポンジュノ、阪本順治、三池崇史らの映画に装飾部として現場参加し、ENBゼミナールなどで、石川寛、熊切和嘉に師事をうけ映画制作をつづける映画監督濱本 敏治、初の特集上映。

今回、「素晴らしい距離」「調度良い体温と文字数」という初期作品からPFF2006入選、バンクーバー国際映画祭などに招待された短編「光」、最新中編作「晴雄の帰省」の4本を一気に上映。
この4本をまとめて観ると一つの映画のように流れがあり、監督が自分のどのような部分を伸ばそうと考え映画を撮ってきたかという一つのドラマが見てとれておもしろいとシアターセブンでの特集上映が決定する。

最新中編作「晴雄の帰省」に関しては主演に東京乾電池の舞台を中心に活動している飯塚祐介、オーデションで弟の礼ニ役を射止めた上杉シンヤ、俳優ワークショップに通っているところを知人の紹介で監督と知り合い、即決で出演が決まった甲斐麻美、大阪を中心にTV、映画、CMなど多方面に活動している山路梨瀬が脇を固める。
撮影は「堀川中立売」(監督 柴田剛)「君と歩こう」(監督 石井裕也)などの高木風太。自身も映画監督をしながら京都で音楽活動をしている松野泉が音楽を担当。挿入画には2012第15回岡本太郎現代芸術入選の高柳明など、多彩な才能が集う。

特設WEBページ:http://haruogobackhome.web.fc2.com/

上映時間
■10/6(土)~10/19(金)
 19:30~21:25
料金
一般:1,500円
専門・大学生:1,200円
中・高・シニア:1,000円
シアターセブン会員:1,000円

前売券:1,000円(※ 10/5(金)まで、劇場窓口にて販売中)

舞台挨拶ゲスト・<各日上映後>
10/10(水) 鈴木太一■映画監督
【監督作品】
「クソガキの告白」第七藝術劇場で絶賛上映中
 第七藝術劇場ホームページ:http://www.nanagei.com/
10/11(木) 西尾孔志■映画監督
 監督作品「ソウル フラワー トレイン」今冬劇場公開
10/12(金) 今井慎太郎■俳優・演出家
 劇団 『空間 悠々劇的』所属
 濱本敏治監督作品「素晴らしい距離」出演

★「空間 悠々劇的」公演 『COME ON 13』
 10/26(金)・10/27(土)
 詳細ページはこちら

10/13(土) 板倉善之■映画監督
【監督作品】
 「にくめハレルヤ」「邪魔するな」
10/14(日) 櫻井啓介■映画監督・映画装飾
【監督作品】
 「パーコー麺出口、 オーギョーチー入口。」
 「さよならダンボーイ」
【映画装飾】
 「闇の子供たち」「バベル」「ロスト・イン・トランスレーション」
 「エンター・ザ・ボイド」等
10/16(火) 松野泉■映画監督・ミュージシャン
【監督作品】
 「GOST OF YESTERDAY」等
【音楽】
 「晴雄の帰省」
10/17(水) 内藤隆嗣■映画監督
【監督作品】
 「不灯港」
 青春Hシリーズ「狼の生活」等
10/18(木) 唐津正樹■映画監督
【監督作品】
 「赤い束縛」
 「ペデストリアンデッキの対話」※2012年11月神戸映像資料館にて公開
10/19(金) JUN■舞踏家・俳優・「salon de AMantTo 天人」オーナー
上映作品
「晴雄の帰省」(2011年) 57min
シネドライブ2012 上映
晴雄の帰省 CAST
飯塚祐介・上杉シンヤ・甲斐麻美・山路梨瀬 他

STORY
イラストレーターになる為、大阪から上京してきた晴雄。現在は身重の恋人、若菜の為、身の入らない就職活動を繰り返す。ある日隠していた父が病気で良くないということを書いた弟からの手紙を若菜に見られてしまい大阪に逃げるように帰省することになる。そこで数年振りに父に会う為、病室に近づくが体が動かなくなり病室に入れない。ここ大阪でもあるのはやはり現実だった。
 東京にも大阪にも居場所がない晴雄、二つの現実に挟まれ混乱する数日間の日々を描く。


「光」(2006年) 13min
PFF2006入選 大阪観客賞受賞
バンクーバー国際映画祭 招待
韓国青年映画祭 招待
シネドライブ2009 上映
光 CAST
樋山大介・飯塚祐介 他 

STORY
東京で俳優になる為に勉強している弟が兄の勧めで、病気の父を見舞い実家に数時間滞在する話。


「素晴らしい距離」(2003年) 38min
「素晴らしい距離」 CAST
今井慎太郎・佐々木一平・熊谷豪・岩崎あきこ・伊藤直大 他

STORY
渋谷で宅配クリーニングとベットメイクの仕事をしている若者達。ある日、配達用の袋の中に一人の子供が紛れ込む。話を聞くとその子は病気で苦しむお姉さんのシーツをきれいに整えてあげたいので偶然見かけた彼らのベットメイクを習いたいという事らしい。街の中で生きる若者と子供のある偶然の出会いの話。


「調度良い体温と文字数」(2004年) 9min
シネドライブ2009 上映
「調度良い体温と文字数」 CAST
李 微・金子貴信

STORY
留学生の彼女、カメラマン志望の彼氏に会う為に料理を作り、日本語で何を話そうかと考えながら彼氏の家で帰りを待つ。しかし、帰ってきた彼氏は自分の写真のことで頭がいっぱい。すれ違う2人、どこにでもありそうな一日の2人の話。

↑TOPに戻る 


10/13(土)・10/14(日)
「ハマモトフィルムレトロスペクティブ」関連監督作品の特別上映

★「ハマモトフィルムレトロスペクティブ」当日の入場整理券ご提示でご鑑賞頂けます。
 各日とも 開場17:30/上映18:00(ハマモトフィルムレトロスペクティブ上映前)

10/13(土) 板倉善之監督作品
 『邪魔するな』
(38min)
  *2012年 水戸短編映像際コンペテション部門 ノミネート

10/14(日) 櫻井啓介監督作品
 『さよならダンボーイ』

  *ひめじ国際短篇映画祭2012入選
 『パーコー麺出口、 オーギョーチー入口。』
  *那須ショートフィルムフェスティバル入選
  *奄美映像フェスティバル入選
  (計45min)

↑TOPに戻る 


10/9(火)・10/16(火)

「濱本敏治監督作品 出演者オーディション」

日時
■10/9(火)
■10/16(火)

14:00集合 / 18:30終了予定

(※ お申し込みは両日可。ただし、どちらか一日に選ばせていただきます。第一希望などあればご記入ください)

場所
シアターセブン BOX1
参加費
無料
服装
自由
内容
こちらが用意したシチュエーションでお芝居をしていただきます。座学も少しあり。
締切
10/9(火) 分は 10/7(日) 締切
10/16(火) 分は 10/14(日) 締切
特典
参加された方は濱本敏治監督特集が前売り料金でご覧いただけます。
応募方法・お問い合わせ
参加希望者は下記アドレスに簡単な住所、年齢、演技経験などのプロフィール、ご自身の写真を送ってください。応募者多数の場合は書類選考させていただきます。
質問などもこちらに。
hamamoto.film@gmail.com