• トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

blog

twitter

第七藝術劇場

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階
淀川文化創造館
Theater Seven

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com

5月4日(土・祝)『映画 日本国憲法』ご鑑賞にご来場のお客様へ
この度は、『映画 日本国憲法』上映中に不備がございましたことと、本件に関する対応が遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます。
今後このような事がないよう十分注意してまいりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。
憲法記念日特集上映 「憲法の話をしよう」

『ベアテの贈り物 The Gift from Beate

『映画 日本国憲法』

【2013年 5/4(土・祝)~5/10(金)】

※ 各作品料金は別料金です。二本立てではありません。

◆「映画 日本国憲法」「ベアテの贈り物」2作共通
 2回券 2,000円 (2回券は別日でもご使用可能です)

ベアテの贈り物 The Gift from Beate

(2004年/日本/92分)

映画 日本国憲法

(2005年/日本/78分/)
ベアテの贈り物 映画 日本国憲法
私は女性の幸福を憲法に書いた
日本国憲法(1946年11月3日公布)に、第14条「法の下の平等」と第24条「家庭生活における両性の平等」を草案したベアテ・シロタ・ゴードンの功績、それを受けて活動展開を進める日本女性たち、変化する日本社会、そして今後を問うドキュメンタリー。

公式サイト:http://www.beateg.com/

世界から見たわたしたちの憲法
あなたには、この宝物がみえますか。

戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込んだ議論がはじまりました。国内のあまりに性急な改憲への動きを、世界に視野を広げて見つめ直す、それがこの映画の出発点でした。憲法とは誰のためのものか、戦争の放棄を誓った前文や第9条をどう考えるのか。本作品は、憲法制定の経緯や平和憲法の意義について、世界的な知の巨人たちが語った貴重なインタビュー集です。

公式サイト:http://www.cine.co.jp/kenpo/

スタッフ・キャスト
監督・脚本:藤原智子
出演:ベアテ・シロタ・ゴードン、野村晴一、原田冴子
池野ヒサ、中村玲子、前田薫、他
上映時間
■5/4(土・祝)~5/10(金)
 11:30~13:02
料金
一般・シニア:1,500円
中・高・大学・専門学生:1,000円
シアターセブン会員:1,000円
スタッフ・キャスト
監督:ジャン・ユンカーマン
出演:ジョン・ダワー、C・ダグラス・スミス、日高六郎
ベアテ・シロタ・ゴードン、他
上映時間
■5/4(土・祝)~5/10(金)
 13:20~14:38
料金
一般・シニア:1,500円
中・高・大学・専門学生:1,000円
シアターセブン会員:1,000円
◆「映画 日本国憲法」「ベアテの贈り物」2作共通
2回券 2,000円 (2回券は別日でもご使用可能です)