ジェンダー・マリアージュ よどがわダイバーシティ映画祭2016

ジェンダー・マリアージュ
全米を揺るがした同性婚裁判

(2013年/アメリカ/112分)

【2016/12/3(土)~12/9(金)】

©2014 Day in Court, LLC
2015年6月、全州で同性婚が容認されたアメリカ。そこに至るまでには、愛と涙の積み重ねがありました。
『ジェンダー・マリアージュ』は米国最大の州、カリフォルニア州での同性婚裁判を追ったドキュメンタリーです。
同性婚が合法とされていたアメリカ・カリフォルニア州で、2008年11月、結婚を男女間に限定する州憲法修正案「提案8号」が通過。同性婚が再び禁止されることになった。
この「提案8号」を人権侵害であるとして州を提訴したのが二組の同性カップル。クリス&サンディとポール&ジェフ。アメリカ合衆国最高裁判所で婚姻の平等が初めて争われるこの訴訟のもと、かつてブッシュ対ゴアの大統領選で敵同士だった2人の弁護士、テッド・オルソンとデヴィッド・ボイスも手を取り合う。
愛とは、家族とは、人権とは……。彼らのかつてない闘いを5年以上に渡って撮影し続けた感動のドキュメンタリー。
公式サイト
http://unitedpeople.jp/against8/
キャスト
クリス&サンディ
1997年からパートナーとなり、4人の子供がいる。2人は、サンフランシスコ市が結婚証明書を発行し始めた後の2004年に、初めて結婚をしようとした。2013年6月8日、クリスとサンディは、「提案8号」のあとカリフォルニア州で初めて結婚した同性カップルである。
ポール&ジェフ
1998年からパートナー。2人は2008年からずっと結婚をしたいと考えており、他州に行ってシビル・ユニオン(パートナーシップ関係の法的承認)を得ることなども考えたものの、結局、どんな「代替案」も本当の結婚には及ばないと感じていた。2人は2013年6月28日にロサンゼルスの市庁舎ホールで結婚した。
スタッフ
監督・プロデューサー:ベン・コトナー、ライアン・ホワイト
上映日程
12/3(土)~12/6(火)16:25(~18:19終)
12/7(水)~12/9(金)12:10(~14:04終)
料金
一般:1,200円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,000円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円
水曜サービスデー:皆様1,100円
★お得な『よどがわダイバーシティ映画祭2016』回数券 期間中窓口にて販売
 詳細は→こちら
★淀川区民割引:1,000円(現住所がわかるもの要提示)

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com