©2015 Laokoon Filmgroup

サウルの息子

(2015年/ハンガリー/107分)

【2016/4/30(土)~5/20(金)】

★第88回アカデミー賞 最優秀外国語映画賞 受賞
★第68回カンヌ国際映画祭 グランプリ 受賞
★第73回ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画 受賞
■本作品は「え~がな500」割引適応外です。
最期まで<人間>であり続けるために――
無名の新人監督、グランプリデビューの衝撃作!
1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊のことである。彼らはそこで生き延びるためには、人間としての感情を押し殺すしか術が無い。
ある日、サウルは、ガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって*手厚く埋葬してやろうと、収容所内を奔走する。そんな中、ゾンダーコマンド達の間には収容所脱走計画が秘密裏に進んでいた・・・。 *ユダヤ教では火葬は死者が復活できないとして禁じられている。
予告編
公式サイト
http://www.finefilms.co.jp/saul/
キャスト
ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レヴェンテ、ユルス・レチン、トッド・シャルモン、ジョーテール・シャーンドル
スタッフ
監督・脚本:ネメシュ・ラースロー
上映日程
4/30(土)~5/6(金) ①10:50(~12:42終)
②19:20(~21:12終)
5/7(土)~5/13(金)①11:00(~12:52終)
②16:50(~18:42終)
5/14(土)~5/20(金)13:55(~15:44終)
料金
一般:1,700円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

■本作品は「え~がな500」割引適応外です。
 「え~がな500」については→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com