十三コテン劇場7
さかいひろこworks + シアターセブン presents

「十三コテン劇場」
~古典落語とクラシカルシネマ Vol.7~

【2017/3/19(日)】

開催日
2017年3月19日(日)
時間
17:45開場 / 18:00開演 / 20:45終演予定
※ 受付開始 17:30から
料金
前売:2,000円 / 当日:2,200円

<シアターセブン会員>
 前売:1,800円 / 当日:2,000円

<ペア割引き(二名様で)>
 前売:3,800円 / 当日:4,200円

※ 固定席は36名限定。座席数には限りがございます、会員様も出来るだけご予約下さい。

イベント内容
「古典落語」と「クラシカルシネマ」の、エエとこどりコラボイベント第7弾!
前半はスクリーン前の高座にて、上方のお笑いクラシカル(!?)「古典落語」を
「落語的語り口おススメ映画紹介」と共にライブで1席。
後半は往年の世界名作映画を上映。
ミニシアターならではの"快適シート"でごゆっくりどうぞ。
作品は自他共に認める映画好き、落語家の桂米紫がセレクト。

今回のテーマは"嘘から出た「まっことメデタシ」???"
落語は、宿屋へ泊まる際に"大金持ちだ"と嘘を吐いてしまった文無し男のどん底と歓喜を描いた『高津の富』。
男の嘘を信じきった宿屋の亭主に買わされた高津の富くじを巡って巻き起こる、人生を揺るがす大騒動とは!?一攫千金を夢見る庶民たちの姿が可笑しくも儚い、聞きどころたっぷりの上方落語の名作。
上映作品は、ジーン・ケリーの代表的ミュージカル映画『雨に唄えば』。
旅回りの役者からスターとなったドンと出会い、恋に落ちた女優の卵、キャシー。
映画制作現場で共についた嘘とその恋の結末は?映画史に残る名シーン…土砂降りの中をジーン・ケリーが歌う、タイトル曲にも心躍る、MGMミュージカルの傑作。
チャンスありピンチありモクロミあり。それぞれがついた嘘からはじまる結末はいかに。
高座とスクリーンを目の前に、劇場で一緒に一喜一憂しませんか?

今回のコテンは・・・
【落語】 桂米紫『高津の富』 桂米紫による「落語家的ミニミニ映画紹介」あり!
【上映作品】 『雨に唄えば』

桂米紫 【桂米紫】
元々は映画監督を志していたが、同じ京都出身の都丸(現・塩鯛)に憧れ噺家の道に入門。
大阪・東京・京都・名古屋・岡山等で数多くの落語会を主催し評価を得るかたわら、演劇活動にも積極的。
ざこば一門ならではの迫力ある熱血性と、映画や演劇の手法を豊かに取り入れた生々しくも愛らしい人物描写で不器用だけれども、一生懸命な登場人物たちを鮮やかに活写する。
持ちネタは「堪忍袋」、「秘伝書」、「宗論」等の笑いの多い滑稽噺からストーリー性を重視した「らくだ」、「景清」、「ねずみ」等の大ネタ、「蛸芝居」などの芝居噺までバラエティ豊か。
そのいずれもが“不器用者への応援歌”として、暖かい後味を残す。
四代目米紫を襲名し、今後の円熟味も期待させる若手の注目株。
【略歴】
平成6年3月 桂 都丸(現塩鯛)に入門。(芸名 とんぼ)
平成6年6月 京都「染屋町寄席」にて初舞台
平成9年3月 名前の表記を「都んぼ」に改める
平成11年10月 NHK新人演芸大賞 落語部門 受賞
平成17年1月 なにわ芸術祭奨励賞 受賞
平成21年12月 文化庁芸術祭新人賞 受賞
平成22年8月6日 サンケイホールブリーゼ桂塩鯛襲名披露公演にて四代目桂米紫を襲名
平成22年8月14日 京都府立文化芸術会館を皮切りに全国4カ所で「四代目桂米紫襲名披露公演」を開催
【映画】
『幸福のスイッチ』('06年)
『剥き出しにっぽん』('05年 *'07年PFFグランプリ作品)
『反逆次郎の恋』('06年)
『ガール・スパークス』('07年)
『ばけもの模様』('08年)
『君と歩こう』('09年)
【舞台】
平成12年~平成15年まで劇団「TEAM火の車」に、平成19年からは劇団「仏団観音びらき」に所属。
劇団公演の他、商業演劇や大衆演劇、関西俳優協会主催の新劇公演等に多数出演。
【特技】
南京玉すだれ

雨に唄えば

(1952年 / アメリカ / カラー / 102分) ※デジタル素材による上映
雨に唄えば

監督:ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン
出演:ジーン・ケリー、デビー・レイノルズ他

<あらすじ>
1920年代、ハリウッドにやって来たドン・ロックウッドとコスモ・ブラウンは、ヴォードヴィルの人気者となり流れ流れて撮影所で仕事に就く。西部劇でスタントマンとして俳優スタートを切ったドンは、人気女優リナの相手役に抜擢され一躍スターとなる。美人だがお高くとまっているリナをドンは好きになれなかったが、彼女は自分からドンの恋人だと決めてかかっていた。そんな時ドンは女優の卵、キャシーと偶然知り合い恋に落ちる。ドンの勧めもあり、トーキー作品の出現により演技力の低さが判明したリナの吹き替えの仕事がキャシーに入ったが…。

チケット予約
電話予約:06-4862-7733
メール予約:ticket@theater-seven.com
メールの場合 タイトルに「十三コテン劇場7」とお書きの上、
①お名前(ふりがな)
②電話番号
③メールアドレス
④人数
をお送りください。
予約受付が完了次第、返信いたします。
■ご予約受付完了メールは「ticket@theater-seven.com」のアドレスで送信しております。迷惑メール設定などで受信拒否をされている方は、必ず「@theater-seven.com」ドメインが受信できますよう、設定の変更をお願いいたします。
お問い合せ
淀川文化創造館シアターセブン
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
TEL&FAX:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com
WEB:http://www.theater-seven.com/
WEB
さかいひろこworks
HP:http://sakaihirokoworks.net
  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com