『御前珠里/レゾンデートル』大阪上映!

自主制作ストリッパードキュメンタリー
『御前珠里/レゾンデートル』大阪上映!
ストリッパーがやってくるッ!(ひとりだけ♪)
縛るよ!喋るよ!上映するよ!

【2017/9/8(金)・9/9(土)】

★両日で公演内容が異なります★
■未成年者の方は御覧いただけません
開催日・時間
9/8(金)
 18:30開場 / 19:00開演(22:00終了予定)
9/9(土)
 17:30開場 / 18:00開演(21:10終了予定)
イベント内容
2017年、日本ストリップティーズ誕生70周年。今、女性客も急増し、再評価されつつあるこの艶の大衆芸能。・・・しかし・・・現状は厳しい。
正しい歴史は伝わっておらず、『絶滅危惧種』などと言われ、世間的には『古臭い昭和の風俗』あつかいだ。
この秋口…。十三の街に一人の踊り子がやってくる。彼女の名前は『御前珠里(ミサキ アカリ)』
彼女を取材した自主制作ドキュメンタリー作品『御前珠里/レゾンデートル』と共に、SAKAEMACHIアーチを潜ってやってくる!
ねぎ焼やまもと本店を通り過ぎて、シアターセブンにやってくるッッッッ!
実はストリップは女性目線の性の世界でもあるのだ!そう!これは女性にこそ観てほしいイベントなのです!
9月8日(金)
本編上映と出演者、御前珠里さん自身による自縛映像を解説しながらのトーク、そして自縛実演!
●トークテーマ『自縛・何故自分で縛るのか。』
9月9日(土)
本編上映と、参考上映作品の上映!
そして、豪華ゲストを招いての対談イベント。
●参考上映『MIHO ODORIKO/2015』(出演・若林美保)
●対談ゲスト・創作舞踏家・飯干未奈さん。
両日、それぞれ開始時間が違います。御注意ください。
内容てんこ盛りの二夜…!ぜひ!ぜひ!お越しください。
(★未成年者の方は御覧いただけません★)
◆写真撮影について
 ・9/8(金)⇒御前珠里さんの実演時のみ写真撮影可。動画は不可。
 ・9/9(土)⇒写真・動画撮影不可
タイムスケジュール
9/8(金) (18:30開場)
19:00『御前珠里/レゾンデートル』本編スタート
20:20休憩
20:30御前珠里さんトーク+実演
テーマ『自縛・何故自分で縛るのか。』
22:00頃終了
9/9(土) (17:30開場)
18:00『MIHO ODORIKO2015』参考上映スタート
18:35休憩
18:40『御前珠里/レゾンデートル』本編スタート
20:00休憩
20:10御前珠里さん&飯干未奈 対談
21:10頃終了
作品解説

御前珠里/レゾンデートル

(2016年度記録作品)1時間20分12秒
御前珠里/レゾンデートル
御前珠里/レゾンデートル
製作・撮影・編集・構成・演出:大股戒次郎
出演:御前珠里
主題歌『時の海・インフィニー』古庭千尋
もしかしたら日本ストリップティーズ70年の歴史の中で初めて(?)普段はイチ観客のアマチュアが自分の作品として製作した”上映を前提に製作された”成人向け自主制作ドキュメンタリー作品。
名古屋出身の踊り子、御前珠里さんの自縛・自吊り等の舞台パフォーマンスを撮影!更に御前さん自身がカメラの前で語る舞台に対する姿勢、生き方、性、赤裸々な独白も収録。これは中古のカメラで記録した未来へのタイムカプセル、現代という『未来においては過去』…という時間の記憶。…少しぼやけた舞台幻想なのである。
予告編
監督・出演者・ゲスト プロフィール
大股戒次郎 監督・大股戒次郎
1966年生まれ。学生時代は油彩を専攻。社会派漫画のアシスタントを経験し、漫画、イラスト等を描く。
2014年末より、自主制作ドキュメンタリーシリーズ『女神達の香盤表』を製作開始。
毎回ひとりの踊り子を取材する当シリーズが初の映像作品。本作はその三作目にあたり、初の劇場公開用作品となる。
御前珠里 出演・御前珠里(ミサキ アカリ)
2012年11月21日、浅草ロック座所属としてデビュー。現在はフリー。ストリップ以外でもヌードモデル、AV出演、女優とマルチに活動中。
名古屋での活動はフェティカ、東海フェティッシュスピリッツ等多数。女優としては劇団妖帝デカダンス、VIVID COLOR等に参加。
ホラー作品『ひとりかくれんぼ・黄泉がえり遊び』では主要キャストを演じた。2016年には小説『てんてまり・美咲てまりの物語』を発表。
対談ゲスト・飯干未奈(創作舞踏家・コレオグラファー)
創作舞踊家・振付家(舞台、演出、振付、指導、コラボレーションの企画) BLUE ROSE Dance Project代表、Dance Company BLUE ROSE主宰、伽羅創作舞踊研究所主宰、花村流分家・創作舞踊家元 花村栞奈。 ショーダンス、中国舞踊、日本舞踊、敦煌舞、天女舞、菩薩舞、宮廷舞踊、チベット・雲南の民族舞踊を研究。 1994年より踊り子『渡辺理緒』の芸名で13年間全国ストリップ劇場を巡業。『ストリップの世界で最も格好いい踊り子の一人。』と業界、客側両方から讃えられる。2006年8月20日、ライブシアター銀映で引退後は、ショーダンスをベースに女性美を追求したセクシーアートダンスや、日本舞踊や中国舞踊の要素を取り入れた創作舞踊を幅広く展開。 中国古典舞踊を胡紅侶師に、日本舞踊を花村栞聚師に師事。2011年末、日本舞踊・新内古典振り花村流の名取師範と、分家・栞奈派家元の資格を取得。舞台やキャバレーでのショーを初めとし、寺社や海外など多様なイベントにも出演し、日本舞踊では国立文楽劇場、京都南座、東京日本橋劇場、兵庫県立芸術センターなど多数の公演に出演。 2011年4月には、大阪市中央公会堂にて『Pray for Japan』東日本大震災復興支援チャリティー公演を中国総領事館等と共同で開催した。現在も 多数のイベント企画などを行い、アジアの美、ショーダンスの魅などを追求し活動中。ストリップファンの間でも引退後もなお、伝説の踊り子の一人としてその名を知られている。
参考上映(9/9(土)のみ上映)

MIHO ODORIKO/2015

(2015年度記録作品)35分18秒
MIHO ODORIKO/2015 製作・撮影・編集・構成・演出:大股戒次郎
出演:若林美保・風間寛治
大股戒次郎が2015年に記録したドキュメンタリー作品。 踊り子・マルチパフォーマー『若林美保』へのインタビューや様々な活動、パフォーマンスを収録。
料金<1ドリンク込>
当日一般:2,300円
前売一般:2,000円
シアターセブン会員:2,000円(当日・前売ともに同額)
チケット予約
電話予約:06-4862-7733
メール予約:ticket@theater-seven.com
メールの場合 タイトルに「レゾンデートル」とお書きの上、
①希望日
②お名前(ふりがな)
③電話番号
④メールアドレス
⑤人数
をお送りください。
予約受付が完了次第、返信いたします。
■ご予約受付完了メールは「ticket@theater-seven.com」のアドレスで送信しております。
迷惑メール設定などで受信拒否をされている方は、必ず「@theater-seven.com」ドメインが受信できますよう、設定の変更をお願いいたします。
主催・お問い合せ
淀川文化創造館シアターセブン
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
TEL&FAX:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com
WEB:http://www.theater-seven.com/
  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com