帰ってきたバスジャック
©2017「帰ってきたバスジャック」製作委員会

帰ってきたバスジャック

(2017年/日本/68分)

【2017/7/15(土)~7/21(金)】

■前作『バスジャック』も上映決定 <7/15(土)・16(日)のみ>
 連作でご覧いただけます!
 また、2作品ともご覧になるとお得な相互割引もあります!
 詳細は→こちら
やくざ・テロリストを巻き込む愛と勘違いが生んだ前作を凌ぐ感動巨編!!
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」話題騒然のバスジャックが3年のときを経て帰ってきます!!
主人公・小宮昇が起こす珍事に乗客を始め、やくざやテロリストが巻き込まれ事態は急展開していきます。
今回、新キャストとして森山中の黒沢かずこ、フットボールアワー・岩尾望が、ココリコ・遠藤章造の同僚として遠藤を支えていきます。また凶悪テロリスト犯・真田丸男にジミー大西、謎の男に小沢仁志が出演。また前作からのキャラクターとしてほんこんも出演。
豪華キャストがバスの中で織り成す超ど級ジェットコースターパニックエンタテインメント作品。
あの男の最悪な一日が再び…
萩原バスのツアー添乗員・小宮昇(遠藤章造)は失敗ばかり繰り返し上司・八巻(藤重政孝)からクビを言い渡された。しかし、同僚の岡田花子(黒沢かずこ)の一言で小宮に最後のチャンスが舞い込む。それはミステリーツアーの企画だった。しかし、岡田はそのツアーで小宮にバスジャック犯の役をやるように持ち掛ける・・・。
予告編
公式サイト
http://bus-hijacking.united-ent.com/
キャスト
遠藤章造(ココリコ)、黒沢かずこ(森三中)、岩尾望(フットボールアワー)
今田美桜、堀尾実咲、松尾美空、藤重政孝、仁科貴、日向丈、宮下雄也、菅裕輔、チングポカ、真佐夫、萩野崇、峰之、木田佳介
ほんこん、ジミー大西、小沢仁志
スタッフ
監督:藤原健一
前作『バスジャック』も上映決定! <7/15(土)・16(日)のみ>
バスジャック(2013年/77分/日本)
バスジャック リストラで職を失い、レントゲンで肺に怪しい影が写り、原因不明の歯痛にも悩まされる小宮は、目の前に転がる黒い物体を無意識に拾い上げ、その物体を手にしたまま目の前に止まっていた故郷の高知行きのバスに乗る。しかし、何気なく拾った黒い物体は拳銃で、そうとは知らずに拳銃を運転手につきつける格好になってしまった小宮は、バスジャック犯と勘違いされてしまう。慌てて釈明しようとした小宮だったが、乗客の男がナイフを持って叫び始め、事態は思わぬ方向へと転がっていく。

監督:深沢佳文

上映時間
バスジャック <7/15(土)・16(日)のみ>
7/15(土)・7/16(日)18:50(~20:12終)
帰ってきたバスジャック
7/15(土)・7/16(日)20:30(~21:43終)
7/17(月・祝)~7/21(金)20:30(~21:43終)
料金
バスジャック <7/15(土)・16(日)のみ>
一律:1,000円
小学生以下:700円
帰ってきたバスジャック
一般:1,800円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円
★全国共通特別鑑賞券(前売券):1,500円
 劇場窓口にて公開日前日(7/14)まで販売中
バスジャック相互割引
両作品をご鑑賞の方は、2作目 200円割引
※1作目の入場整理券要提示

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com