銀河の雫

銀河の雫
はじまりはひとつ

(2016年/日本/96分)

【2017/9/16(土)~9/29(金)】

■9/17(日)10:00の回上映後
 山元加津子監督 舞台挨拶予定
ネパールには、宇宙の仕組みを知る人々が住んでいた。
ヒマラヤの麓に住むネパールの人たちは自然も人もみんな、全部つながっていて、ひとつだということを知っているという。
「手が目もひとつ。手が目を責めないように、人は本当は誰のことも責めずに愛して生きていける」ネパールの人々の優しさに、幸せとは何かを問われているような気がする。美しい映像にも心惹かれる映画。
山元加津子監督からのメッセージ
「銀河の雫」そして、サブタイトルは「はじまりはひとつ」
私たちはもしかしたらだけど、本当はみんな最初のひとつだったときの記憶を心の奥に持っているのじゃないかと思う時があります。
私のその記憶はキラキラと光っていて、銀河の雫のようだなあと思うのです。
そしてネパールの人たちはみんな、全部がつながっていて、ひとつだということを、昔は100%の人が知っていて、今でも80%の人が知っているそうです。
ギータちゃんは言います。「あなたも素晴らしい、私も素晴らしい。どうして争うの? 受け入れればいい。みんな受け入れればいい。最初はひとつ。同じだよ」と。
そして「みんなひとつで、あなたは私かもしれないし、花かもしれないし、鳥かもしれない。空かもしれない。目の前のものやことや人を大切にすることが大切と、私たちは小さい時から学んできました」と。
ネパールには大きな地震があって、家が崩れたり、つっかえ棒がしてあったり、大変な中だけど、見知らぬ国から来た私にとてもとても優しくしてくれました。
映画の編集中もその温かさに何度もつつまれて涙が自然と湧いてきました。
ぜひ、この映画を観ていただきたいです。
山元加津子
山元加津子
予告編
公式サイト
http://eiga377.wixsite.com/robanomimi-eiga
スタッフ
監督:山元加津子
上映時間
9/16(土)~9/19(火)10:00(~11:41終)
9/20(水)~9/23(土)12:00(~13:41終)
9/24(日)休映
9/25(月)~9/29(金)12:00(~13:41終)
料金
一般:1,500円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com