ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

ハイドリヒを撃て!
「ナチの野獣」暗殺作戦

(2016年/チェコ・イギリス・フランス/120分/アンプラグド 配給)

【2017/10/28(土)~11/10(金)】

■PG12
 12歳未満の方の観覧には、保護者の助言・指導が必要です
©2016 Project Anth LLC All Rights Reserved.
ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第三の男ラインハルト・ハイドリヒ。
「ユダヤ人絶滅政策」を推進し、その残虐性から「金髪の野獣」と呼ばれた男を討つべく、憂国の志士たちが立ち上がった――。
第二次世界\大戦中、最も凄惨な史実の一つと言われるハイドリヒ暗殺事件。
自らの命を犠牲にして、ナチスに立ち向かった若き男たちの戦いを描く極上の戦争サスペンス。

1941年冬、ナチス統治下のチェコ。イギリス政府とチェコ亡命政府の指令を受け、二人の軍人、ヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュがパラシュートでプラハに潜入した。彼らの目的は、ナチス親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒの暗殺、コードネーム「エンスラポイド(類人猿)作戦」だった。国内に潜むレジスタンスの協力を得て、愛する祖国の未来と平和のために、無謀ともとれる作戦に臨むヤンとヨゼフ。1942年5月27日、ついにハイドリヒを狙撃するが、彼らを待ち受けていたのは、想像を遥かに凌駕する壮絶なナチスの報復だった――。
フリッツ・ラング監督作『死刑執行人もまた死す』(43)、ルイス・ギルバート監督作『暁の7人』(75)でも描かれた、"金髪の野獣"ことラインハルト・ハイドリヒ暗殺事件、通称「エンスラポイド作戦」が21世紀初の映画化! ヨーロッパ全土がナチスに完全に支配されるなか、祖国チェコのために自らの命を犠牲にして立ち上がり暗殺計画に挑んだ兵士たちの、息もつかせぬ緊迫感満載の戦争サスペンスが誕生した。全編ほぼ英語による作品でありながら、2017年チェコ・アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞など14部門にノミネートされたことも大きな話題を呼んだ。
予告編
公式サイト
http://shoot-heydrich.com/
キャスト
キリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナン、アンナ・ガイスレロバー、シャルロット・ルボン、トビー・ジョーンズ、ハリー・ロイド、アレナ・ミフロバー、ビル・ミルナー、マルチン・ドロチンスキー、ブライアン・カスペ
スタッフ
監督:ショーン・エリス
上映時間
10/28(土)~11/3(金・祝)11:40(~13:45終)
11/4(土)・11/5(日)19:15(~21:20終)
11/6(月)~11/10(金)13:10(~15:15終)
料金
一般:1,500円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com