石牟礼道子
©株式会社 藤原書店

映像で綴る 石牟礼道子の世界
『花の億土へ』
『海霊(うなだま)の宮』

【2作品 日替わり上映】

【2017/1/2(月・休)~1/13(金)】

■1/8(日)・1/9(月・祝) 上映後 トークショー予定
 <登壇者>
  藤原良雄 プロデューサー
  金 大偉 監督
上映作品
花の億土へ(2013年/日本/113分)
花の億土へ 未来はあるかどうかはわからないけれども、希望ならばある。
文明化する日本社会の中で起きた水俣水銀中毒事件をモチーフに、「近代とは何か」を現代人に突きつけた名著『苦海浄土』。本映像作品は、その作者として知られる石牟礼道子さんに、来るべき世について語っていただいた最後のメッセージである。
今パーキンソン病に苦悶しつつ日々を送っておられる石牟礼さんから、文学とは何か、詩とは何か、新作能の新たな構想、最後に文明社会のゆくえなどを語っていただいた。その中で石牟礼さんは「祈り」や「犠牲」という、われわれ現代人が失くしてきた言葉を強調された。
映像は、水俣・天草・不知火海はいうまでもなく、60年代の水俣漁村の風景も用い、それに金大偉の独創的な音楽を加えた。
また東日本大震災もこの作品の中で描かれ、水俣や福島で起きた事件について、石牟礼道子はわれわれにいかなる言葉を伝えようとするのか。
出演:石牟礼道子
監督・構成・撮影・編集・音楽:金 大偉
プロデューサー:藤原良雄
「花の億土へ」予告編
海霊(うなだま)の宮(2006年/95分)
海霊の宮 詩人 石牟礼道子の宇宙
「祈るしかないんですよ、水俣の患者たち。それでなおるわけじゃないんですけど。人の分まで祈って。チッソの人たちも助かりますようにと言って祈ってますからね……。」本人による作品の朗読、インタビュー、原郷・不知火海、水俣の映像をふんだんに交え、その世界を再現した画期的映像作品!!
出演・朗読:石牟礼道子 ほか
監督・音楽:金 大偉
プロデューサー:藤原良雄
「海霊の宮」 イメージ映像
上映日程
1/2
(月・休)
1/3
(火)
1/4
(水)
1/5
(木)
1/6
(金)
10:30~ 花の億土へ 花の億土へ 花の億土へ 海霊の宮 海霊の宮
1/7
(土)
1/8
(日)
1/9
(月・祝)
1/10
(火)
1/11
(水)
1/12
(木)
1/13
(金)
11:40~ 花の億土へ 海霊の宮 花の億土へ 海霊の宮 海霊の宮 花の億土へ 花の億土へ
★1/8(日)・1/9(月・祝)
 上映後 トークショー
<登壇者>
 藤原良雄 プロデューサー
 金 大偉 監督
料金
『花の億土へ』
一般:1,500円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円
『海霊(うなだま)の宮』
一般:1,200円
シニア・学生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円
◆相互割引
 上記作品の整理券ご提示で、
 各作品<一般料金>より200円引き

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com