新作『やさしくなあに』
と 伊勢真一監督作品特集上映

【2017/11/11(土)~12/1(金)】

■11/12(日)・11/20(月)
 各回上映後、伊勢真一監督舞台挨拶予定
★リピータープレゼントキャンペーン
2作品をご鑑賞されたお客様を対象に、最新版・伊勢真一監督作品
予告編集DVD(非売品)をプレゼント!
※劇場窓口にて、2作品分の半券をご提示ください。
<対象作品>
 『やさしくなあに~奈緒ちゃんと家族の35年』
 『伊勢真一監督特集上映』全作品
やさしくなあに

やさしくなあに~奈緒ちゃんと家族の35年~

(110分/2017年)
奈緒ちゃんシリーズ 第4弾!
奈緒ちゃんに逢いに来ませんか?

障がいをもちながら天真爛漫な長女、奈緒ちゃん。やさしくて働き者のお母さん。お酒とゴルフが大好きなお父さん。スポーツ万能の弟。笑ったり泣いたりしながら営まれる家族の日々を、カメラは35年間、丁寧に記録し続けました。……どこかで見たことのあるような台所やリビング、いつもの会話いつものやりとり。そして、家族の誰かや自分の悩み……。
『やさしくなあに』は家族の映画です。観た人はきっと、自分自身の家族との日々を思い返すでしょう。

監督:伊勢真一

予告編
公式サイト
https://isefilm-movie.jimdo.com/いせフィルムの映画/やさしくなあに/
『伊勢真一監督作品特集上映』上映作品
奈緒ちゃん
奈緒ちゃん (1995年/98分)
育み、育まれる家族のしあわせ。
直ちゃんシリーズ第1弾!

てんかんと知的障がいをもつ少女・奈緒ちゃんの8歳から成人式までの12年間を追ったヒューマンドキュメンタリー。障がいのある子を持つ家族の日常を、淡々と、そして静かに見つめ続け、映画は”しあわせ”について問いかける。
★毎日映画コンクール記録映画賞グランプリ
★キネマ旬報文化映画ベストテン2位
ぴぐれっと
ぴぐれっと (2002年/98分)
奈緒ちゃんシリーズ第2弾!
”奈緒ちゃんシリーズ”の第二弾。奈緒ちゃんのお母さんと仲間たちは、地域作業所「ぴぐれっと」を立ち上げ、やがてハンディキャップをもつ人々やその家族を支える場へと成長していく。
★キネマ旬報文化映画ベストテン8位 モング科学省選定
ありがとう
ありがとう ~奈緒ちゃん・自立への25年~ (2006年/105分)
奈緒ちゃんシリーズ第3弾!
8歳だった奈緒ちゃんも30歳を超える年になり、家族はグループホームへの自立を考え始める。揺れ動く家族の葛藤をやさしく描く、奈緒ちゃん一家それぞれの、自立と成長の物語。
★フランスFIPA映画祭招待作品
★キネマ旬報文化映画ベストテン5位
えんとこ
えんとこ (1999年/100分)
えんとこは縁のあるトコ。寝たきりの障がい者・遠藤滋のいるトコ。伊勢真一監督の学生時代の友人・遠藤滋と、彼を介助する若者たちの日々の記録。
★キネマ旬報文化映画ベストテン7位
★朝日新聞・今年の映画五選
大丈夫
大丈夫 ―小児科医・細谷亮太のコトバ― (2011年・85分)
育み、育まれる家族のしあわせ。
直ちゃんシリーズ第1弾!

医師・細谷亮太の10年間の発言記録と、俳人細谷喨々としての作品の数々を紹介。俳句で綴るヒューマンドキュメンタリー。
★キネマ旬報文化映画ベストテン1位
妻の病
妻の病 ―レビー小体型認知症― (2014年/87分)
四国・南国市の豊かな自然に育まれ、支え合うように生きてきた、一人の医師と認知症の妻との10年間に及ぶ”いのち”を巡る物語。
いのちのかたち
いのちのかたち ―画家・絵本作家 いせひでこ― (2016年/82分)
東日本大震災で根こそぎ倒された一本のクロマツ。そのクロマツに「いのち」を感じ取った絵描きが旅する「いのちのかたち」の物語。
ルーペ
ルーペ ―カメラマン瀬川順一の眼― (1996年/90分)
戦前・戦中・戦後にわたって、ルーペをのぞき続けたひとりの映画人、瀬川順一(『奈緒ちゃん』のカメラマン)の記録。
★日本映画ペンクラブ記録映画グランプリグランプリ
★キネマ旬報文化映画ベスト3位
シバ
シバ 縄文犬のゆめ (2013年/99分)
天然記念物 柴犬保存会のリーダー 照井光夫さんとその仲間たちが、縄文犬と呼ばれる「柴犬」と共に生きる姿を追った人と犬との愛情物語。
ゆめのほとり
ゆめのほとり ―認知症グループホーム 福寿荘― (2015年/85分)
認知症の人は「何もわからない人」ではありません。北海道札幌市にある認知症グループホーム福寿荘の日常をスケッチした、穏やかで、静かで、優しいヒューマンドキュメンタリー。
風のかたち
風のかたち ―小児がんと仲間たちの10年― (2009年/105分)
小児がんと闘う仲間たちの生きる力……悲劇の物語ではなく「再生」という希望を語りかけるドキュメンタリー。監修:細谷亮太(小児科医)ほか。
★文化庁映画賞
★日本カトリック映画賞
★キネマ旬報文化映画ベストテン3位
傍
傍(かたわら) ~3月11日からの旅~ (2012年/115分)
東日本大震災のちょっと私的なヒューマンドキュメンタリー。監督が宮城県・亘理町に暮らす友人苫米地サトロ(『風のかたち』音楽)の安否を訪ねて始まった旅。
★キネマ旬報文化映画ベストテン6位
伊勢真一(いせ しんいち)
ドキュメンタリー映像作家。1949年東京都生まれ。奈緒ちゃんの叔父に当たる。長編ドキュメンタリー映画のデビュー作は、8歳の奈緒ちゃんとその家族に寄り添い12年間を記録した映画『奈緒ちゃん』(1995年)。この作品で、毎日映画コンクール記録映画賞グランプリ他多数を受賞。
その後も長きにわたり撮影を続け”奈緒ちゃんシリーズ”として『ぴぐれっと』(2002年)、『ありがとう』(2006年)を製作。2017年の本作はシリーズ第4弾となる。
他にもヒューマンドキュメンタリーの作品を多数制作。
上映日程
11/11(土) 11/12(日) 11/13(月) 11/14(火) 11/15(水) 11/16(木) 11/17(金)
10:00~ 奈緒ちゃん 奈緒ちゃん ぴぐれっと ありがとう えんとこ 風のかたち 大丈夫。
12:20~ やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~
■11/12(日) 各回上映後、伊勢真一監督 舞台挨拶予定
11/18(土) 11/19(日) 11/20(月) 11/21(火) 11/22(水) 11/23(木) 11/24(金)
10:00~ やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~
12:20~ 妻の病 奈緒ちゃん えんとこ ぴぐれっと 妻の病 ゆめのほとり 奈緒ちゃん
■11/20(月) 各回上映後、伊勢真一監督 舞台挨拶予定
11/25(土) 11/26(日) 11/27(月) 11/28(火) 11/29(水) 11/30(木) 12/1(金)
12:50~ シバ ルーペ いのちのかたち ありがとう 奈緒ちゃん やさしくなあに
料金
やさしくなあに
一般:1,800円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

前売券:1,300円【11/10(金)まで販売中】

伊勢真一監督作品特集上映
一般:1,300円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円
★『やさしくなあに』をご鑑賞の方は、
 半券ご提示で特集上映が 1,000円に!

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com