ゆらり
©2017映画「ゆらり」製作委員会

ゆらり

(2017年/日本/112分)

【2017/11/25(土)~12/1(金)】

■11/25(土) 上映前
 横尾初喜監督 舞台挨拶予定
 ※ チケット販売は9:40から開始します(開館は9:30より)
   当日券のみ販売。前売券をお持ちの方も、当日の入場整理券とお引き換えが必要です。
今度こそ伝えたい 胸いっぱいの愛を。
もしも、あの時伝えられなかった想いを、もう一度伝えられるとしたら…。
時を超えて響き合う 三つの家族のかけがえのない物語
現在――――――
海沿いのひっそりとした佇む民宿「赤城箱」。民宿を営むのは女主人・凛香(岡野真也)とアルバイト・瞳(萩原みのり)。ある日、中年の男・高山(戸次重幸)と(遠藤久美子)が宿泊にやってくる。特に変わった男ではないけれど、瞳への対応だけがどこかぎこちない。
一方、凛香は接客のかたわら、しきりに甘えてくる娘・ゆかり(筧礼)をついつい突き放してしまう。ショックを受けたゆかりは、父・孝介(山中崇)に「自分を誘拐してほしい」とせがみ、2人で狂言誘拐を計画するのだが…
未来――――――
シングルマザーのゆかり(内山理名)は、息子・青空(高橋幸聖)と二人暮らしをしていた。ある日、青空が「神様なんていないんだよ」と残念そうにゆかりに話す。どうやら、学校でそんな話になったらしい。ゆかりは「神様はいるよ」と青空に神様から手紙が届くポストをプレゼントする。それは、自分が幼い頃に祖父がマジックに使っていたものだった。その日から、ポストに投函された青空からの手紙に、返事を書くのがゆかりの日課になった。
毎朝嬉しそうに手紙を読む青空を微笑ましく見守るゆかりだったが、同時に恐れていることがあった。それは、日増しに悪くなっていく自身の体調。やがて、ゆかりは入院することになり、別れた夫・正樹(平山浩行)に青空を預けることに…
そして、過去――――――
舞台は、数年前の民宿「赤城箱」。女優の夢を諦め、実家に戻ってきた娘・凛香(岡野真也)は、母・美和(鶴田真由)とうまくいっていなかった。父・幸雄(渡辺いっけい)になだめられても、凛香の母への態度は変わらない。
そんなある日、凛香の友人(小築舞衣・弥尋)が旅館へと遊びにくる。久しぶりの再会を喜ぶ凛香と友人だったが、あるものを発見する。それは…不思議な注意書きが書かれたリモコン。「このリモコンを利用してその時間に何をしても、未来の出来事は変えられません。多少の時間のずれは起こりますが、本来の時間の流れに戻っていきます。」そのリモコンをきっかけに、凛香たちは思いがけない展開に巻き込まれていくのだった。
もしも奇跡が起こるなら、あの夜をもう一度だけ。日常のなかに、一瞬だけ浮かび上がる温かな家族の絆。三つの家族に起こった 、暖かくて 切ない「ゆらり」な物語。
予告編
公式サイト
http://yurari-movie.com/
キャスト
岡野真也、内山理名
戸次重幸、萩原みのり、山中崇、遠藤久美子
寿大聡、夏緒、筧礼、高橋幸聖、小築舞衣、弥尋
青木さやか、大橋彰(アキラ100%)
平山浩行、渡辺いっけい
鶴田真由
スタッフ
監督:横尾初喜
原作・脚本:西条みつとし(TAIYO MAGIC FILM)
上映時間
11/25(土)18:30(~20:27終)
11/26(日)~12/1(金)15:10(~17:07終)
料金
一般:1,500円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

前売券:1,200円【11/24(金)まで、劇場窓口にて販売中】

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com