十三浪曲寄席

浪曲を現代に!!
十三で毎月一回浪曲公演
若手浪曲師と豪華ゲストが共演
浪曲2席とゲスト1席
開催日程
第1回【2018.7.28(土)】
 14:00開演
第2回【2018.8.25(土)】
 14:00開演
今後の予定
第3回【2018.9.22(土)】
第4回【2018.10.27(土)】
第5回【2018.11.25(日)】
第6回【2018.12.9(日)】
出演
7/28(土)
出演:真山隼人 沢村さくら(曲師)

幼い頃から演芸に親しんだ圧倒的な知識と感性を持つ。一方で宝塚歌劇団のファンでもあり、繁昌亭の人気公演「花詩歌(はなしか)タカラヅカ」にも出演。2016年には初の新作浪曲「ビデオ屋の暖簾」を発表。思春期男子の内面を描いた斬新な作品はファンに衝撃を与えた。

ゲスト:桂九雀
1979年 桂枝雀に入門
劇団や吹奏楽などの共演や自身も舞台に俳優として立つなど多彩な方面で活躍。

8/25(土)
出演:京山幸太 一風亭初月(曲師)

ヘビーメタルバンドのヴォーカルやジャズバンドのベース経験を経て、浪曲師に。趣味の女装姿をフェイスブックに上げており、そのクオリティーの高さも話題。舞台ではお家芸である侠客物をドスの効いた啖呵で力強く語ってみせる。また、男女の情愛物の作品にも力を入れている。

ゲスト:桂文華
1988年 三代目桂小文枝(五代目文枝)に入門
今年の6月には芸能生活30周年を記念した独演会を開催。

7・8月のみどころ
この浪曲会は今まで浪曲や落語に触れた事がなかった人にも楽しめるように企画しました。
初心者でも楽しめると言っても単にわかりやすいではなく、誰もが楽しめる「ホンモノ」の芸を見ていただきたいと思いました。公演時間は約1時間半です。休日の午後の有意義な過ごし方としても、気軽に足をお運びください。
浪曲の出演者は人気・実力ともに急上昇中の若手浪曲師が隔月で登場。奇数月は歌謡浪曲中心の真山一門から31年ぶりに三味線浪曲を復活させ、芸の幅を大きく広げた真山隼人。偶数月は個性的なファッションで注目を集める一方、芸の面では京山幸枝一門のお家芸「会津の小鉄」を積極的にネタおろしする正統派・京山幸太。
さらに、毎月豪華ゲストが登場。7月と8月はともに芸歴30年を超える落語家さんです。
九雀師匠は弟子には携帯電話を持たせないと昔聞いた事があります。一見厳しく聞こえるのですが、その理由などを九雀師匠のマクラで聴いていると弟子に本当に愛情があってこそなのだと気がつきます。他にもお囃子のお弟子さんを引き受けるなど面倒見が良く、お人柄が伝わるエピソードを耳にします。そんな九雀師匠だからこそ人間味が落語にも表れ、登場人物の感情が伝わってきます。文華師匠はどんな話も巧みな語りでお客さんのイメージをかき立ててくれます。面白い話も「どや、おもろいやろ」みたいないやらしさがなく、話術でお客さんを落語の世界に引き込み笑わせてくれます。
料金
予約:2,000円
当日:2,500円

※全席自由席
※当日、受付した順番でご入場頂きます

チケット予約
電話予約:06-4862-7733
メール予約:juso-rokyoku72824@goo.jp
会場
淀川文化創造館シアターセブン
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
TEL&FAX:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com
WEB:http://www.theater-seven.com/
  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com