広島市民と昭和天皇 ©英王立戦争博物館
★渡辺謙一監督 最新作『国家主義の誘惑』
 公開記念アンコール上映

天皇と軍隊

(2009年/フランス/90分)

【2018.9.1(土)~9.14(金)】

■渡辺謙一 監督 舞台挨拶予定
 ・9/1(土)15:40の回
 ・9/2(日)13:50の回
■渡辺謙一監督 最新作『国家主義の誘惑』
 9/1(土)より 同ビル6階 第七藝術劇場にて公開!
 詳細は→こちら
 お得な相互割引もあります!
9条はなぜ必要だったのか? なぜ天皇制は存続したのか?
昭和天皇と自衛隊を正面から見据えたフランス制作ドキュメンタリー
天皇制、戦争放棄、靖国、東京裁判、自衛隊、日米安保・・・、
日本の戦後史で議論され続ける問題に、貴重なアーカイブ映像とインタビューでストレートに切り込んだ異色作

冷戦期アメリカの庇護のもとで、日本は第二次世界大戦の荒廃から経済的復興を遂げた。ソ連の崩壊、中国の市場開放、欧州統合とグローバリゼーションの波は、日本の政治に舵を切らせた。世界の中の日本のプレゼンスを高めるための“国際貢献”である。
日本は矛盾と曖昧さの国であるとよく言う。憲法一つをとってもその矛盾は見てとれる。自衛隊の存在と、戦争および軍の保持を禁じた9条。主権在民と天皇の地位の曖昧さ。本作はこれら3本の軸と言える、9条、天皇そして軍隊について、天皇の貴重な映像をはじめ世界中から集めたアーカイブと、いまや鬼籍に入った政治家の田英夫氏や中川昭一氏など国内外の論客による秘蔵インタビューを交え、日本の戦後史を問い掛ける。

予告編
公式サイト
http://www.kiroku-bito.com/article1&9/
キャスト
田英夫、ジョン・ダワー、樋口陽一、小森陽一、五百旗頭真、高橋哲哉、ベアテ・シロタ・ゴードン、鈴木邦男、葦津泰國
スタッフ
監督:渡辺謙一
上映時間
9/1(土)15:40(~17:15終)
9/2(日)~9/7(金)13:50(~15:25終)
9/8(土)~9/14(金)11:30(~13:05終)
料金
未定 一般:1,300円
シニア:1,100円
学生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円
★相互割引:1,000円
※『国家主義の誘惑』(第七藝術劇場) ⇔ 『天皇と軍隊』(シアターセブン)
 各作品の入場整理券をご提示で1,000円に割引
※ただし『国家主義の誘惑』9/1(土)・2(日)のトークイベント付きの回は特別料金のため適用外

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com