ドキュメンタリー映画『ドローンの眼』
おひろめ上映会 in 大阪

【2019.10.13(日)】
開催日
2019年10月13日(日)
時間
①10:30
②17:30

※ 各回10分前開場

トークショー
①、②各回上映後、トークショー予定
登壇予定者:影山あさ子監督(沖縄ドローンプロジェクト事務局長)
作品紹介

ドローンの眼

(2019年8月15日完成/2部構成・全68分/製作・著作:沖縄ドローンプロジェクト、森の映画社)
第一部 改正ドローン規制法と辺野古(28分)
私たちは2018 年から、ドローンを使って辺野古新基地建設現場で工事の監視を続けてきた。1 年半の監視と撮影から明らかになった、防衛局の工事の違法と不正を奥間政則さん(土木技術者/ 沖縄ドローンプロジェクト分析担当責任者)の解説とともに伝える。2019 年6 月13 日に施行された改正ドローン規制法で、辺野古の米軍提供水域が飛行禁止区域に指定されると、4km 以上離れないとドローンは飛ばせない。工事現場は見えない。改正ドローン規制法は国民の知る権利を侵害する現代の「要塞地帯法」です。ドローンの眼をふさぐための法律なのです。
第二部 ドローンで見る沖縄の基地(40分)
沖縄島の15%を占める陸軍・海軍・空軍・海兵隊の米軍基地群。琉球弧の島々で建設がすすむ自衛隊基地。沖縄県民が同居を強いられてきた沖縄島の巨大な基地群と、新基地建設がすすむ奄美大島、宮古島、石垣島、与那国島を改正ドローン規制法による飛行禁止区域指定の前に全力で撮影した。
撮影場所:陸上自衛隊奄美駐屯地、米海兵隊北部訓練場、米海兵隊伊江島補助飛行場、米海兵隊キャンプ・シュワブ、米海兵隊キャンプ・ハンセン、米空軍嘉手納飛行場、米空軍・米海兵隊嘉手納弾薬庫地区、米陸軍トリイ通信施設、米海軍・米陸軍ホワイトビーチ地区、米陸軍貯油施設、米海兵隊牧港補給地区、米陸軍那覇港湾施設、陸上自衛隊勝連分屯地、航空自衛隊那覇基地、陸上自衛隊宮古島駐屯地、航空自衛隊宮古島分屯基地、石垣島陸上自衛隊駐屯地予定地、陸上自衛隊与那国駐屯地
料金
1,000円(当日券のみ)
主催・お問い合せ
主催:沖縄ドローンプロジェクト
問合せ:090-2052-9902(影山)
e-mail:okinawa.drone.project@gmail.com
  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

YouTube

第七藝術劇場
同ビル6階 第七藝術劇場

淀川文化創造館
シアターセブン

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL
06-4862-7733
FAX
06-4862-7832
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com