ウトヤ島、7月22日

(2018年/ノルウェー/97分/)
【2019.5.11(土)~5.24(金)】
©2018 Paradox
2011年、7月22日。ノルウェー連続テロ事件。
ウトヤ島での無差別銃乱射事件の一部始終を、リアルタイムの72分間ワンカットで映像化。
2011年7月22日。治安が安定した北欧の福祉国家ノルウェーが、悪夢のような惨劇に襲われた。
午後3時17分、首都オスロ政府庁舎爆破事件により8人が死亡。さらに午後5時過ぎ、オスロから40キロ離れたウトヤ島で銃乱射事件が発生。ノルウェーが労働党青年部のサマーキャンプに参加していた十代の若者たちなど69人が殺害された。
犯人はたった一人。当時32歳のノルウェー人、アンネシュ・ベーリング・ブレイビク。
単独犯の事件としては史上最多となる77人もの命が奪われたこのテロは、ノルウェーにおける戦後最悪の大惨事となったが、日本での報道は限定的なものにとどまり、事件の全容を知る者は極めて少ない。

突然の銃声が一瞬にして打ち砕いた夢と希望。
数百人の学生がウトヤ島のサマーキャンプに参加し、活発に国の未来について語り合っている中、突然の銃声があたりをつんざく。何が起こっているのかわからないまま、仲間たちと森へ逃げ込んだ少女カヤ。銃声はやむことなく学生たちは島中を逃げ回る。
カヤは恐怖のまっただ中でありったけの勇気を奮い起こし、離ればなれになった妹エミリアを探し始める。「ママ、エミリアがいない…ごめんね…」必死に母親に電話をかけるカヤ。しかし……。

予告編
公式サイト
http://utoya-0722.com/
キャスト
アンドレア・バーンツェン、エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン
スタッフ
監督:エリック・ポッペ
上映時間
5/11(土)~17(金)12:00(~13:42終)
5/18(土)~24(金)13:20(~15:02終)
料金
一般:1,800円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,500円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

YouTube

第七藝術劇場
同ビル6階 第七藝術劇場

淀川文化創造館
シアターセブン

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL
06-4862-7733
FAX
06-4862-7832
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com