鈍色のキヲク

(2019年/日本/87分)
【2019.7.13(土)~】
★7/13(土) 17:30の回上映後 舞台挨拶予定
登壇予定:大矢真那さん、西尾舞生さん

※舞台挨拶回のチケットは、当日シアターセブン劇場窓口にて販売します。
開館時間は9時50分、チケット販売は10時より開始予定。
※舞台挨拶回の入場料金は、2,000円均一です(各種割引はございません)
※ゲストは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください
敢えて語らない事――
法を犯してでも守らなければならない事がある――
あなたは許す事ができますか?――
月刊小説オリオンの表紙を担当することになったイラストレーターの笹元カナは、出版社を訪れた。そこで出会った一人の青年カメラマン杉崎健太。健太はカナに向日葵画報の特集ページでカナを取り上げたいと取材を願い出る。自宅撮影にしぶしぶ承諾するカナをよそに、母親のユキは気分が舞い上がる。 撮影中、健太はカナの部屋で棚に置かれた古びたスチールカメラを見つける。今まで気にも止めていなかったそのカメラが、父・タカユキのカメラだと知ったカナ。父は、カナが幼い頃山で足を滑らせ亡くなっていた。父の最期の写真が入っているかもしれないと、カナは健太に写真の現像を依頼する。健太は先輩カメラマンの澤崎に現像を依頼するとカナに告げた。 父と母について知りたいと思い始めたカナは、ユキに内緒で祖父に会うため、二人が駆け落ちする前に住んでいた地・赤湯に行こうと決心する。 父と母、そして祖父。カメラに残された一枚の写真。自分の過去に隠された真実を知った時、鈍色の記憶が甦る。
予告編
公式サイト
http://nibiiro.com/
キャスト
大矢真那、丸山龍星、西尾舞生、勇翔(BOYS AND MEN)、土田拓海(BOYS AND MEN)、にしおかすみこ、布施博
スタッフ
監督・脚本:渡邊豊
上映時間
7/13(土)17:30(~18:57終)
※上映後舞台挨拶あり
※特別料金設定
7/14(日)~18(木)11:10(~12:42終)
7/19(金)14:45(~16:17終)
料金
■7/13(土)のみ、通常と料金が異なります。
一律:2,000円

※各種割引はございません
※劇場招待券は使用できません

一般:1,800円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,500円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

YouTube

第七藝術劇場
同ビル6階 第七藝術劇場

淀川文化創造館
シアターセブン

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL
06-4862-7733
FAX
06-4862-7832
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com