『ルート181~ パレスチナ ー イスラエル 旅の断章』上映会

開催日

2024年 9月16日(月・祝)


時間

受付開始 10:00
開演 10:25
終演 15:45(予定)


イベント内容

昨年(2023年)10月、ハマスによるイスラエルへの攻撃が開始。そしてイスラエルによるガザへの侵攻が始まり、多くの人命が失われ続けています。
パレスチナとイスラエルの問題とは何か。その大きな原因の一つは、1947年に国連で決議採択されたパレスチナ分割決議:「国連決議181号」ではないだろうか…。
2002年夏、イスラエル人監督とパレスチナ人監督の二人が、この「181号決議」で描かれた架空の境界線を辿る旅に出たのが『ルート181』という作品です。
関西では10年ぶりの上映です。パレスチナとイスラエルの問題について一緒に観て、考えませんか?

上映作品
ルート181 ~ パレスチナ イスラエル 旅の断章
(2003年/270分)
Route 181--Fragments of a Journey in Palestine-Israel
(山形国際ドキュメンタリー映画祭HPより)
2002年夏、2カ月に渡りパレスティナ人とイスラエル人の両監督は、1947年にパレスティナを二分するため に採択された国連決議181条で描かれた境界線を「ルート181」と名づけ、それに沿って故郷を共に旅する。ルート181に凝集された様々な人々の過去や現在を丹念にカメラに収めながら、パレスティナ、イスラエルのみならず、私たちが抱える問題〈国家、民族、国境、移民、差別……〉を照射し、未来を見つめる太い熱脈が波打つ作品。2005年山形国際ドキュメンタリー映画祭最優秀賞受賞
監督・脚本・編集:ミシェル・クレフィ&エイアル・シヴァン
ベルギー、フランス、イギリス、ドイツ/2003/アラビア語、ヘブライ語/カラー、モノクロ/ビデオ/270分/
作品提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭

料金

前売・当日共
【一般】 2,000円
【25歳以下・学生・障がい者】 1,000円

◆予約受付 2024年9月15日18時迄
route181osaka@gmail.com
・お名前(カタカナ併記)
・お電話番号
・メールアドレス
を書いてお申し込みください。

※【25歳以下・学生・障がい者】の方は、ご予約時にその旨お知らせください。また上映会当日は学生証・保険証・障がい者手帳などをお持ちください。

※お申し込み時に「route181osaka@gmail.com」が受信できるよう設定をお願いいたします。また申込後2、3日経ってもお返事のない場合はお手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

※参加費は上映会当日にお支払いください。


お問合せ

『ルート181』を大阪で観る会
MAIL:route181osaka@gmail.com
X(旧Twitter):@route181osaka
facebook:「『ルート181』を大阪で観る会」で検索して下さい。


会場

シアターセブン
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
TEL:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com
WEB:http://www.theater-seven.com/