福島は語る 完全版

2018年/日本/320分/配給 きろくびと、ピカフィルム

★2019年度文化庁映画賞 文化映画記録映画優秀賞(劇場公開版) 受賞

監督監督・撮影・編集:土井敏邦

出演片岡輝美、草野美和、岡部理恵子、星ひかり、松本徳子、藤島昌治、佐藤章一、山田隆信、小林恒司、 佐久間いく子、渡辺洋子、野口時子、中村和夫、地脇美和、大河原多津子、小野田陽子、小野田敏之、池田実、矢代昌弘、小澤洋一、今野寿美雄、若松丈太郎、村田弘、武藤類子、佐藤和良、杉下初男、杉下龍子

公式サイトhttp://www.doi-toshikuni.net/j/fukushima/

前売券2,400円【公開初日前日まで販売】

いまを生きるすべての人たちへ 分断された私たちが綴り続ける27のメッセージ。 5時間20分 完全版上映決定! 東日本大震災から8年になる。2020年の東京オリンピックを前に日本中が浮足立つなか、フクシマは「終わったこと」として忘れ去られようとしている。 しかし、原発事故による放射能汚染で故郷や住居を追われ、生業を失い、家族離散を強いられ、将来への希望を奪われた十数万人の被災者たちの傷は癒えることなく、膿み、疼き続けている。 その被災者たちが心底に鬱積した深い思いを吐露した。100人を超える証言者の中から選び抜いた27の“福島の声”を、いま日本に住むすべての人に届ける。 このたび、劇場公開版(2時間50分版)が 2019年度文化庁映画賞 文化映画記録映画優秀賞受賞したことを記念して、5時間20分の完全版を2日間限定で上映。

舞台挨拶
★3/20(金祝) 10:30の回上映後
登壇予定者:土井敏邦監督
上映スケジュール
2日間限定上映
3/20(金祝)・21(土)10:30~16:35
【第一部】(第1章〜第4章):2時間10分
休憩 30分
【第二部】(第5章〜第7章):1時間25分
休憩 10分
【第三部】(第8章〜最終章[第11章]):1時間45分
料金
一律3,000円