タネは誰のもの

2020年/日本/65分

監督原村政樹

語り江原啓之

公式サイトhttps://kiroku-bito.com/tanedare/

2018年4月、種子法廃止 そして2020年10月、種苗法改定 案の国会審議が始まる 急速なグローバル化の中であらためて問われるタネの権利とは 今年6月に国会成立が見送られ、継続審議となった種苗法改定の動きに対して賛否が渦巻く中、自家採種・自家増殖している農家と種苗育成農家双方の生の声を伝えるため、北海道から沖縄まで様々な農業の現場を取材。政府が拙速に改定を 成立させようとしている中で、日本の農 業を深刻な危機に陥れる可能性のある本 改定案を、専門家の分析も含め、農業の現場から探ったドキュメンタリー。 弁護士で元農林水産大臣の山田正彦がプロデューサーとなり、(『いのち耕す人々』、『天に栄える村』、『無音の叫び声』、『武蔵野』、『お百姓さんになりたい』)など農業をテーマにした作品で高い評価を受ける原村政樹が監督した最新作 。タネや苗のグローバル化は、果たして私たちの生活に何をもたらすのか。

トークショー
★11/21(土)11:30の回上映後
登壇者:原村政樹 監督
★11/29(日)11:00の回上映後
登壇者:山田正彦さん(元・農林水産大臣/本作プロデューサー)
上映スケジュール
11/21(土)11:30
11/22(日)~27(金)11:00
11/28(土)12:00
11/29(日)11:00
11/30(月)~12/4(金)12:00
WEBチケットについて
料金
一般1,500円
シニア1,100円
専門・大学生1,200円
中学生・高校生1,000円
小学生以下700円
会員1,000円
★入場システム、サービスデー・その他割引