けったいな町医者

2021年 / 日本 / 116分 / 渋谷プロダクション 配給

監督・撮影・編集毛利 安孝

ナレーション柄本 佑

公式サイトhttps://itakunaishinikata.com/kettainamachiisha/

最期まで自宅で過ごしたい。痛くない死に方がしたい。 2500人を看取った尼崎の町医者に迫ったドキュメンタリー映画
皆さんは、「町医者」「在宅医療」という言葉にどんなイメージをお持ちだろうか? 白衣を着て、美人の看護師を連れて、大きなカバンを持って、なんだか威張っている。 …そんなイメージをちゃぶ台返ししてしまう町医者が、尼崎にいた。 好きな物を食べたい。最期まで自宅で過ごしたい。痛くない死に方がしたい。そんな患者さんと、家族の想いを守るために町医者は今日も全力で走る。怒る。泣く。歌う。看取る。下町を舞台に、生と死を見つめる問題作。 家が病室で、街が病棟や 兵庫県尼崎市の在宅医・長尾和宏の命の駆け引きの現場を記録したドキュメンタリー。かつて病院勤務医として働いていた長尾は「家に帰りたい」と言っていた患者が自殺したことをきっかけに病院を辞め、尼崎の商店街で開業し町医者となった。病院勤務医時代に1000人、在宅医となってから1500人を看取った彼は、その経験をもとに、多剤処方や終末期患者への過剰な延命治療に異議を唱える。365日24時間いつでも患者のもとへ駆けつける長尾の日常に密着し、昼夜を問わず街中を駆け巡るその姿を追い、「幸せな最期とは何か」「現代医療が見失ったものとは何か」を問う。長尾のベストセラーを映画化した「痛くない死に方」で主演を務めた俳優・柄本佑がナレーションを担当。

上映は終了しました
上映スケジュール
2021年
4/23(金)までは 6F第七藝術劇場にて上映中
詳細は→こちら
4/24(土)上映はありません
4/25(日)~30(金)14:15
5/1(土)~3(月祝)13:45
5/4(火祝)休映
5/5(水祝)~7(金)13:45
5/8(土)~14(金)11:00
5/15(土)10:10
5/16(日)休映
5/17(月)~21(金)11:00
以降未定
WEBチケットについて
料金
未定